Django|デプロイ時のエラー

この記事を書いた人

WEB系のプログラミングをメインで扱っており、10年以上に渡りSEO業界の動向を観察して、長く続くサービスとそうでないサービスの違いから、コンテンツSEOについて研究中。自身もWEBアプリやブログを運営しており、過去最高年間売上は3800万円。運営する過程で得られたプログラミングやインフラまわりの知識を使いGoogleが公開しているGoogle検索セントラルを初心者の方にも分かりやすいように解説中。誰が実践しても同じような結果が得られる再現性のある技術に興味がある為、SEO思考プログラミング思考では、SEOとプログラミングに絞って情報を発信中。

abeをフォローする

Djangoのデプロイ時にいつも忘れてしまう設定があるので、備忘録として書きました。

#settings.pyの設定
#開発環境と本番環境で設定を変えます。
#まずはDEBUG = TrueをDEBUG = Falseに変更します。
DEBUG = False
#これがTrueのままだとエラー発生時にその内容がクライアントに返されます。
#次にALLOWED_HOSTS = ['任意のホスト']。接続を許可するホストを指定します。開発環境では、ローカルIPアドレス(又はローカルホスト)を指定していましたが、本番環境では実際に使用するドメイン名を追記します。
ALLOWED_HOSTS = ['127.0.0.1','example.com']
#最後にCSRF_TRUSTED_ORIGINS = ['任意のオリジン']を追記します。
CSRF_TRUSTED_ORIGINS = ['https://example.com']
#これはCSRF対策除外リストに指定するオリジンを指定します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました