キーワードプールを作った理由

この記事を書いた人

WEB系のプログラミングをメインで扱っており、10年以上に渡りSEO業界の動向を観察して、長く続くサービスとそうでないサービスの違いから、コンテンツSEOについて研究中。自身もWEBアプリやブログを運営しており、過去最高年間売上は3800万円。運営する過程で得られたプログラミングやインフラまわりの知識を使いGoogleが公開しているGoogle検索セントラルを初心者の方にも分かりやすいように解説中。誰が実践しても同じような結果が得られる再現性のある技術に興味がある為、SEO思考プログラミング思考では、SEOとプログラミングに絞って情報を発信中。

abeをフォローする

キーワードプールは、ブログ記事を作成する際に使用するWEBアプリです。

キーワードプール|キーワードプールは関連キーワード取得ツールです。グーグルサジェストキーワードや月間検索数を取得できます。
キーワードプールは関連キーワード取得ツールです。グーグルサジェストキーワードや月間検索数を取得できます。

このアプリを作った理由は、2つありました。

1つ目は、アプリを作れる人を尊敬していて、自分もなにかしらアプリを作りたいと思ったから。

2つ目は、誰トク?な時間を減らしたいと思ったから。

私もブログを書く時はキーワードプールのような関連キーワード取得アプリを使っています。

最初に使ったアプリは、「関連キーワード取得ツール」というアプリです。

はじめて触ったのは2014年だったと思います。

現在はラッコキーワードという名前に変わっています。

当時の関連キーワード取得ツールは、いまのラッコキーワードよりも、もっともっとシンプルで、検索フォームと検索ボタンしかないデザインでした。

特に使い方の説明もなく、ただ口コミで使い方が伝わっていく感じでした。

自分が、SEOやグーグルのルール。記事の文字数。競合サイト。こういった事を意識しながらアクセスを集めている一方で、関連キーワード取得ツールは、口コミだけで広がっていく、とても不思議な存在でした。

関連キーワード取得ツールを見て思ったのは、世間に本当に必要とされるサービスは口コミで勝手に広がっていくのだな。という事でした。

関連キーワード取得ツールの他にも、SEOチェキというサービスも口コミで知りました。

そういったアプリを作れる人を尊敬するようになりました。

自分も口コミで広がっていくサービスを作りたいと思うようになりました。

プログラミングの経験はありませんでしたが、本屋でプログラミングの本を購入してWEBアプリを1つ、2つ、と作っていきました。

WEBアプリを作る度に、要領がわかってきます。

2022年3月にキーワードプールを作りはじめ6月に公開しました。

いろんな方に応援して頂き、少しずつ利用ユーザーが増えています。

ツイッターで、自分の知らないところでキーワードプールを他の人に紹介してくれているのを見ると、とても嬉しいです。

ここまでが、キーワードプールを作ろうと思った理由の1つ目です。

2つ目の、誰トク?な時間を減らしたい。というのは、世のブロガーの殆どが、作業時間に見合った報酬を得られていない事に起因します。

多くのブロガーは報酬に繋がらない記事を量産する傾向にあります。

記事を書くことが楽しくて、趣味としている人なら、それで良いと思います。

問題なのは、報酬を得る事を目的に記事を書いているにも関わらず、報酬が得られていない人です。

こういった人が数人なら良いのですが、私の体感では、結構な数いるのでは無いかと思うのです。

ブログをやるのであれば、ちゃんと報酬を得て欲しいです。本人は報酬が得られてトクしますし、ブログの読者は新しい知識が得られてトクします。

報酬が得られないのであれば、ブログをやめて、家族や趣味に没頭して欲しいです。家族や趣味に時間が使えて本人も家族もトクします。

とにかく、誰トク?な時間を減らしたいのです。

ブログ記事を書けば、その分報酬が得られるのであれば、キーワードプールは必要ないです。

ですが、実際は、ブログ記事を書いて報酬が得られる人と、そうでない人がいます。

その違いは、SEOやグーグルのルールを理解し、実践できているか?という部分が大きいように感じます。

SEOやグーグルのルールを理解するのは簡単では無いですし、実践するのも難しいです。

やはり、誰かにアドバイスを貰いながらやらないと、うまくいかない人もいます。

ただ、皆が皆、近くにアドバイスしてくれる人がいるわけでは無いです。

ですので、まだSEOやグーグルのルールを知らない人をサポートするようなアプリとして、キーワードプールを作りました。

キーワードプールを使えば必ず報酬に繋がる記事が書けるわけではありません。

ただ、SEOにおいて最も大切と言われている、検索ユーザーが検索しているキーワードを記事タイトルに入れる。という部分はクリアできます。

ブログで既に大きな報酬を得られている方の場合、キーワードプールを使わずとも、これまでの成功体験と今ある知識でキーワード選定は容易に出来てしまいます。

キーワードプールは、まだ大きな成功体験が得られていない方の為に作りました。

キーワードプールを使い続けると、少しずつ、キーワードの性質のようなものが見えてきます。

キーワードプールを使わずとも、自分のブログを必要としている人が、どういったキーワードで検索しているかが分かるようになります。

それが分かるようになるまでは、補助ツールとして、キーワードプールを使って頂きたいです。

世の中の「誰トク?」な時間を少しでも減らせたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました