テンセンテンの使い方|テンセンテンはサイトやブログの検索順位を記録するツールです

この記事を書いた人

WEB系のプログラミングをメインで扱っており、10年以上に渡りSEO業界の動向を観察して、長く続くサービスとそうでないサービスの違いから、コンテンツSEOについて研究中。自身もWEBアプリやブログを運営しており、過去最高年間売上は3800万円。運営する過程で得られたプログラミングやインフラまわりの知識を使いGoogleが公開しているGoogle検索セントラルを初心者の方にも分かりやすいように解説中。誰が実践しても同じような結果が得られる再現性のある技術に興味がある為、SEO思考プログラミング思考では、SEOとプログラミングに絞って情報を発信中。

abeをフォローする

テンセンテンの全体画像です。この画像では、既に4日分の検索順位が記録されており、グラフが出来ている状態です。

テンセンテンでは、日々の記録を、パソコンで使用しているブラウザ(グーグルクロムやサファリなど)に保存します。

ですので、データの管理はプライベートに行う事ができます。

テンセンテンは、最大2つのURL(2つのブログ)が登録でき、それぞれのURL毎に10のキーワードを登録できます。1つのキーワードを検索するのに、約30秒かかります。

2つのページの切替は、画面右上のボタンで行います。

1を選択すれば、ページ1に登録したURLとキーワードを確認する事ができます。2を選択すれば、ページ2に登録したURLとキーワードが確認できます。

リセットボタンを押すと、現在選択中のページのデータをリセットする事ができます。

ページを選択したら、まずは、自分のサイトのURLを登録します。

フォームに、URLを入力して、登録ボタンをクリックします。

URLは、ブログのトップページのURLを入力します。

形式としては、以下のような形式のURLです。

https://example.com/

ブログのURLが登録できたら、次は調べたいキーワードを登録します。

フォームにキーワードを入力して、登録ボタンを押します。

登録されると、以下の画像のようにキーワードが登録されていきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Screenshot-from-2022-10-30-08-04-28.png

キーワードは、10キーワードまで登録する事が出来ます。

キーワードが登録できたら、最後にスタートボタンを押します。

スタートボタンを押すと、登録したキーワードの検索が始まります。

スタートボタンは、日付が変わると表示も変わります。画像では、「2022/11/2スタート」となっていますが、翌日になれば自動で「2022/11/3スタート」となります。

表示が変わり次第、その日の検索が可能になるので、スタートボタンは毎日押すようにします。

検索が完了したキーワードには「済」のマークが付き、まだ検索が完了していないキーワードには「未」のマークが付いています。

画鋲(ピン)のボタンを押すと、そのキーワードが強調表示されたままの状態になります。

強調表示された部分を見ると、現在のページで登録されているURLは、「キーワードプール」というキーワードでは10/31から11/2まで、常に1位という事が分かります。

直近比を見ても、順位変動は、0位と表示されています。

グラフを見ても、とくに順位変化が無い事が分かります。

グラフは、1日、2日、3日と、テンセンテンで記録をする事でグラフらしくなってきます。

使用し始めた当日は、点のみが表示されますが、日々記録する事でグラフになっていきます。

タイトルとURLをコピーしました